投稿詳細

News
ニュース

KOTOBUKI Medical株式会社と当院の消化管内視鏡科の矢野友規科長、依田雄介医長、砂川弘憲医師、三井智広医師により共同開発された、胃のESDトレーニングシステム『G-Master』がプレスリリースされました。早期胃がん治療法であるESDは患者の身体に負担が少ない一方、熟練の技術を要し、またトレーニングの機会が限られていましたが、今後『G-Master』が、早期胃がん治療トレーニングの最適解の一つになることが期待されます。なお、一般販売開始は2021年秋を予定しております。

プレスリリースの詳細はこちらをご覧ください。